パラボラアンテナでWiMAXの通信状態を改善!

WiMAXは、無線を使ってインターネットを行う事の出来る通信規格の事です。
無線ですから、契約している建物に限定されず、WiMAXの基地局から電波が届くエリア圏内であれば、どこでもインターネットを行う事が出来ます。



WiMAXを使って出先でインターネット!



ただし、WiMAXの電波は障害物に弱いと言う特徴も持っていますので、エリア圏内であっても、場所によっては繋がらないと言う事があります。



そう言う場合に、パラボラアンテナを自作して通信状態を改善すると言う裏技があります。



金属製ボウル


パラボラアンテナと言うと、何か特殊な工作が必要なイメージがありますが、実際はそう言うものは必要ありません。
台所にある金属製ボウルを立てて、その中にWiMAX端末を入れるだけです。



その為に、簡易的な工作をする必要がありますが、まな板立てを代用しても良いですし、両面テープを使用するのも良いでしょう。
いずれにせよ、難しい工作は必要ありません。

パラボラアンテナは本当に効果あるの?

パラボラアンテナは本当に効果あるのか、疑問に思う方もいるでしょう。
実際にGMOとくとくBB WiMAX 2+で実験を行っている動画があります。





このように、パラボラアンテナを使う事でWiMAXの受信状態を良好にし、通信速度の向上を行う事は出来ます。
ただし、パラボラアンテナを設置する向きがポイントとなります。
ですから、その調整が大変ではあります。



どうして通信状態が良くなるのかと言う点ですが、パラボラアンテナの部分がWiMAX端末へ向けてWiMAXの電波を反射するからです。
その為、WiMAXの受信状態が良好になるのです。



リフレクターでワイマックスの電波を集める



GMOとくとくBB WiMAX 2+に関する詳細情報はこちら
GMOとくとくBB WiMAX 2+

クレードルで通信速度を向上!

パラボラアンテナで通信速度を向上させる方法をご紹介しました。
この方法は、WiMAXの受信具合を向上させる方法です。



WiMAX端末は、基地局とやり取りを行うWiMAX通信と、通信機器とやり取りを行うWi-Fiと言う通信を行っています。
Wi-Fiの方の通信速度を速くする方法がありますので、ご紹介します。



WiMAX通信とWi-Fi通信



WiMAXのWi-Fi通信を速くするには、クレードルを使用します。
クレードルとは、WiMAX端末用の充電台の事です。



HWD15のクレードルセット



クレードルの裏側にはLANケーブルを差し込む事の出来る部分があります。
そこにLANケーブルを挿して通信機器と繋ぐ事で、有線通信を行う事が出来ます。(参考:



Wi-Fiよりも有線通信の方が通信速度が速く、しかも、安定しています。
ですから、少しでも通信速度を向上させたいと思っている方は、有線通信を行うと良いです。

クレードルの購入方法

クレードルは、WiMAXの契約時にWiMAX端末と一緒に購入するのが一般的です。
その方が、割り引き価格でクレードルを手に入れる事が出来たりします。



既にWiMAXの契約を行っている方の場合は、Amazonでクレードルを購入する事が出来ます。
この場合、定価での購入になります。



HWD15用クレードルはこちら
HWD15用クレードル



NAD11用クレードルはこちら
NAD11用クレードル



WiMAXの契約がまだの方は、GMOとくとくBB WiMAX 2+がWiMAX端末とクレードルのセットを無料で販売していますので、このキャンペーンを利用しましょう。



GMOとくとくBB WiMAX 2+の公式サイトはこちら
GMOとくとくBB WiMAX 2+